町まちの文字を訪ねて

  • 多重の碑(いしぶみ)

    季刊「銀花」別冊『手紙』第二号掲載記事より  千葉県いすみ市岩船(旧夷隅郡大原町岩船(浪花村)) 八幡神社  「神国大日本」。あの時は子供心にも確かに私たちのこの国をそう考えて来ました。どんなに空襲で火の海を這い回りなが […]

  • アルカイックな明るさの秘密 ─ 関宏夫 刻字の世界『鑿で彫る論語のことば展』

    ── 2011年4月27日〜5月9日「ギャラリーKOUSHICHI」 – 板刻という書と論語について –  書家の関宏夫さんの書は、紙に書くのではなく、板刻という独特な書で、一口に言えばそれは、板 […]

  • 複眼の眼差しによる現代の入木道 ─ 関宏夫 板刻展『論語刀華』

    関 宏夫『論語刀華』より  関さんの仕事ぶりを、初めて見せてもらったとき、私はふと「入木道(じゅぼくどう)」という言葉を思い浮かべました。入木道とは、なんでも分厚い祝版に書かれた王羲之の書を大工が削ってみると、墨痕が三分 […]

  • ねー、うし、とら、う・・・

    ── 猫はなぜネズミを追いかけるのか 甲骨もじで あそぶちゅうごくの 十二支の ものがたり [甲骨もじ]おうよう かりょう(欧陽可亮) [お話]せき とみこ(関 登美子) [構成]みかみ まさこ [発行]JULA出版局 […]

  • ミサワホームの『偉人筆跡カレンダー』ダ・ヴィンチ

     昨年は個展やグループ展の発表が立て込んで、この「町まちの文字」を書くのも久しぶりという感じです。 – ダ・ヴィンチはやはり謎だ – ミサワホームの2011年『偉人筆跡カレンダー』 ダ・ヴィンチの […]

  • 貴乃花部屋の看板

     貴乃花部屋の看板  先日のこと、友人の写真展を観ようと、地下鉄丸ノ内線の中野新橋という辺りを探し回っていて、ふと、貴乃花部屋の看板を発見しました。協会の理事長選挙とか、このところ何かと話題の多い貴乃花ですが、それだけに […]

  • ミサワホームの『偉人筆跡カレンダー』宮澤賢治

    ミサワホームの2010年『偉人筆跡カレンダー』宮澤賢治(リンク:『偉人の生涯と筆跡カレンダー』ミサワホーム)  ちょっと時季外れですが、今回はとても面白いカレンダーの紹介です。毎年12月はカレンダーの季節ですが、いつも幾 […]

  • 東京の和筆

    つくりの容(かたち)とつかいの象(かたち)『デザインの現場』1988年2月号掲載記事より(文:蓜島庸二/写真:冨田祐幸) – 筆の容(かたち)に命あり –  フランスの美術家で書道を […]

  • 子を思う母の文字二つ <その1>

    小料理屋「德竹」の明かり看板  「町まちの文字」の今回は、東京の現代に現れた文字と、中国北魏の龍門石窟の牛橛造像記の文字、2000年の歳月を離れて書かれた、ともに子を思う母の文字について述べま […]

  • 子を思う母の文字二つ <その2>

    龍門牛橛像造記(りゅうもんぎゅうけつぞうぞうき) その1はこちらから >>子を思う母の文字二つ <その1>小料理屋「德竹」の明かり看板  龍門牛橛像造記の印影  もう […]